エリアを絞り込む

バンジージャンプの体験ツアー

バンジージャンプバンジージャンプバンジージャンプバンジージャンプ
  • バンジージャンプ
  • バンジージャンプ
  • バンジージャンプ
  • バンジージャンプ

バンジージャンプとは、高い場所に設置されたジャンプ台から、ロープ1本を命綱にして真っ逆さまに飛び降りるアウトドアレジャーです。

遊園地や高層ビル、渓谷に架かる橋などから飛ぶスリルと、その後の達成感を楽しみます。場所によってジャンプ台の高さや環境、飛び方が異なるため、経験や好奇心によってさまざまなチャレンジが可能です。

ジャンプ台から下をのぞくとその高さに恐怖を感じますが、勇気を出して飛んでみると、その面白さにハマってしまうことも!?爽快感あふれるバンジージャンプは、非日常を味わえるのが魅力です。

体験する際はハーネスを装着するので、スカートやショートパンツを避け、動きやすい服装にスニーカーなどを履いて参加しましょう。持ち物は特になく、手ぶらで気軽に参加できます。

国内では、関東の首都圏からアクセスの良い場所でも体験可能。日本屈指屈の高さ100mを誇る茨城県の竜神大吊橋をはじめ、群馬県では猿ヶ京温泉や八ッ場ダムなどで楽しめます。また熊本県の五木村には、西日本唯一の常設バンジーサイトがあります。通年開催のところが多いバンジージャンプですが、一部冬季は休止するところもあります。

バンジージャンプのサービス一覧

そとあそびが紹介する「バンジージャンプ」の体験ツアーとは

そとあそびが紹介する「バンジージャンプ」とは

《そとあそび》で紹介するバンジーは、渓谷や湖に架かる橋に設置されたジャンプ台から、ロープ1本を付けて真っ逆さまに飛び降りるアウトドアレジャーです。ジャンプ台に立つまでのドキドキ感と、勇気を振り絞ってジャンプできた時は大きな達成感を味わえるのが、バンジージャンプならではの面白さ。《そとあそび》の紹介するサービスの参加には特別な技術や体力は必要とせず、最新の装備や点検項目の徹底確認、日々トレーニングを積んだガイドのサポートなど、安全に楽しめる環境を整えたバンジージャンプサイトで体験していただけます。

●バンジージャンプとは
身体とロープを繋ぐハーネスを足や腰・背中に付けて、高所に設置した台からジャンプするアウトドアレジャーです。緊張の瞬間を乗り越え、空に向けて飛び立てば、今まで味わったことのない浮遊感や爽快感を感じることができます。最新の装備を日々メンテナンスし、厳重なガイドラインに基づき装備を複数人・複数回チェックしているため、安全対策は万全。あとは勇気を振り絞って楽しみましょう!

●バンジージャンプの楽しみ方
バンジージャンプサイトは場所によって見ることができる景色も高さも、ジャンプの種類も違います。前を向いて飛んだり、後ろ向き、横向き、助走をつけてジャンプなど、経験や好奇心によって挑戦してみましょう。また、他のアウトドアレジャーと違って、仮装をしたり罰ゲームで行ったり、エンターテインメント的要素があるのもバンジージャンプの特徴。ジャンプ台から一歩を踏み出せば、スリル満点のとっておきの時間を味わえます。

サービス一覧

埼玉県

コロナ対策記載あり

秩父ジオグラビティパーク

秩父 バンジージャンプ

サービス期間外

開催期間
通年
参加料金
12,000円〜
(税込)

バンジージャンプのピックアップサービス

バンジージャンプのピックアップサービスをご紹介!

バンジージャンプの初心者ガイド

バンジージャンプ体験ツアー

バンジージャンプは、伸縮性のあるロープ1本を命綱にして、高所に設置されたジャンプ台から飛び降りるアクティビティです。

ドキドキするジャンプ前の緊張感や、落下しながら風や重力を全身に感じる爽快感、恐怖を乗り越えた達成感など、ほかでは味わえない魅力が満載。フリーフォールのスピード感や、ロープが伸びきったバウンド時の浮遊感など、一瞬のうちに驚きの感覚が次々と押し寄せます。一度体験してみると、その非日常的な面白さにハマってしまう人も少なくありません。

日本国内には、遊園地やアウトドアレジャー施設、渓谷など、年間を通してバンジージャンプが楽しめる体験スポットが点在。レジャー施設にある20mほどのジャンプ台から、日本屈指の高さを誇る100mの茨城県・竜神大吊橋まで、飛び降りる高さはさまざまです。

高度はもちろん、ロケーションや季節によっても見える景色が異なるため、多彩に楽しめます。自然豊かなスポットでは景観美を堪能したり、余裕がある人はジャンプ時にフォームの美しさにこだわってみたりするのも一興です。

バンジージャンプに使用するハーネスは安全性の高いものが用意されているので、体験時の持ち物は特になく、手ぶらで参加できます。スカートはNGで、ハーネスが装着しやすく動きやすい服装がおすすめ。足首が隠れるブーツやハイヒール、ビーチサンダルといった歩きにくく、脱げやすい靴は避けましょう。メガネはジャンプ時に外すことになるので、不安な人はコンタクトレンズにしておくとよいかもしれません。

また、ツアーによっては、安全性が確保できれば仮装ジャンプがOKなところも。着ぐるみやコスプレなどお気に入りの衣装を自身で用意し、思い思いのスタイルでバンジージャンプを楽しめます。

【風景を楽しむ】
スリルや達成感を得る以外に、周囲の風景を楽しめることがバンジージャンプの大きな魅力。国内では渓谷にバンジーサイトが多いことから、どこでも美しい渓谷を眺められます。春は桜、夏は深緑、秋は紅葉と、四季折々の景色を堪能できますよ。

【飛び方を楽しむ】
一般的な前向きジャンプに慣れたら、ギャラリーの方を向いて背中から飛ぶ後ろ向きジャンプにもチャレンジしてみては。経験者の中には、一度落ちてバウンドした際にポーズをとるなど、飛び方にこだわるつわものもいます。

【コスプレを楽しむ】
場所によっては着ぐるみやコスプレなど、趣向をこらした衣装でのジャンプもOK!ただし、安全性が確保できる場合に限るので、事前にツアー会社に確認しておくと安心です。

【必要な装備/あると便利な装備】
持ち物は特になし。動きやすい服装と、ローカットのスニーカーなどで参加します。ハーネスを装着するため、スカートはNG。足首を固定するため、ハイカットの靴はNGです。メガネは外す必要があるので、コンタクトレンズを装着。

バンジージャンプの費用は、10,000~12,000円が相場!

バンジージャンプ体験の参加費用は10,000~17,000円。体験できるコースはバンジージャンプの一種類のみというところが多いので、金額の違いは開催場所の違いによるものといえます。100mの高さからジャンプできる茨城県の竜神大吊橋がもっとも高く17,000円ですが、多くは10,000~12,000円で体験できます。

同じバンジージャンプでも、開催場所によってジャンプ台の高さや景観はさまざま。目に飛び込んでくる風景が違うだけでも、体で感じるスリルや爽快感が変わってきます!ツアーを選ぶ際はどんなロケーションでバンジージャンプを楽しめるのかなど、体験場所のフィールド詳細を価格とあわせて確認しておくのがおすすめです。

金額にかかわらず体験時間は1時間30分程度で、観光旅行の際に立ち寄って気軽に挑戦できるボリュームなのもうれしいポイント。もちろんコンパクトな時間の中でも、安全説明とジャンプの際のレクチャーはしっかりと行われるので、初めてでも安心して参加できます。ぜひ自分好みのフィールドで、最高のバンジージャンプデビューを果たしましょう!

現地ガイドからのバンジージャンプツアーに関する新着情報

アウトドア会社からの新着情報です

現在アウトドア会社からのお知らせはありません。